あおざくら 防衛大学校物語【第210話】ネタバレと考察・感想!第三大隊に勝つためには

あおざくら 防衛大学校物語【第210話】ネタバレと考察・感想!第三大隊に勝つためにはのアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年4・5号(12月23日発売)の『あおざくら 防衛大学校物語』第210話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第209話第210話第211話

あおざくら 防衛大学校物語【第210話】のあらすじ・ネタバレ

お漏らし沖田

総端艇訓練の号令に振り回される近藤達海上要員二学年。

一学年の時の急かされるような追い込みとカッター訓練を複合したような辛い訓練に音を上げる学生達。

いついかなる時でも出動しなくてはいけない総端艇故、実際の緊急時もこのような感じなのだろうかと息を切らしながら考える近藤。

総端艇訓練前からトイレを我慢していた沖田は用を足すために席を外した。

訓練が終わったばかりならばきっと総端艇の号令はかからない。

沖田がそう思っていた矢先、無情にも「総端艇用意」のアナウンスが校内に響く。

トイレに入る直前だった沖田は絶望の表情を浮かばせた。

間を開けずしての総端艇訓練開始。

端艇の櫂を漕ぎつつも、掛け声の代わりに泣き声のような悲鳴をあげる沖田。

そして訓練は無事終了するも、沖田は一目散にトイレへと全力疾走するのであった。

昼食時、食堂にて四大隊クルーに「漏らした奴」扱いされてからかわれる沖田。

沖田は顔を赤らめながら大声で否定する。

状況を良く把握していなかった同胞の一大隊クルーも沖田に確認するが、火に油の反応をされてしまう。

その様子を見ていた山並は昼食のパンをかじりながらも何かを思う様子であった。

アドバイスを聞きたい

総端艇訓練がずっと最下位であることについて考える近藤。

カッター競技会の時と何が違うのか、答えが出ない様子であった。

訓練のたびに一位を獲る三大隊はどうやっているのか。

近頃よく話しかけてくる三大隊の伊東、その隊の艇指揮も行っている伊東に総端艇の速さの秘訣を聞いてみようかと考えていた。

すると突然近藤の目の前に現れる伊東。

唐突な本人の登場に驚く近藤。

挨拶を済ませると伊東は持っているビニール袋からコーラを取り出す。

三大隊の勝利のお祝いで買ったものなのだけれども多めに買ってしまったから飲んでくれと、近藤にコーラを差し出す。

守銭奴の近藤は頭の中に「おごり」の文字が飛び交い、体が固まってしまう。

これじゃいかんとばかりに近藤は総端艇の件を伊東に尋ねようとするが、山並に呼び止められる。

任されていた掃除を放棄する気か?と近藤に激を飛ばす山並。

何のことなのかわからない近藤。

用事が立て込んでいると思った伊東は近藤に挨拶をし、その場を後にした。

情報漏洩

駆け足で掃除の現場に向かう山並と近藤。

山並は突然足を止めると、掃除というのは嘘だったという事を告げる。

わけがわからない近藤、山並が口を開く。

近藤が伊東に総端艇のアドバイスを聞こうとしていた事、それは仮想敵を相手にこちらの情報を漏らす行為になるという事であった。

もしこれが競争ではなく本当の戦争であれば部隊の情報漏洩や国家レベルの問題になりかねない。

伊東は話しやすく、気付かない間にこちら側が取り込まれてしまう。

喧嘩を売ってくる四大隊の方がまだかわいいものだと。

自分のやろうとしていた行為に唖然とする近藤。

そして以前山並が伊東について何か言いかけていたことを思い出す。

「伊東は生まれついての生粋のリーダーだ。良くも悪くもな。」

良くも悪くもという言葉に反応する近藤だが、授業の時間が近づいてきたためひとまず教室に戻る二人であった。

意外な艇長

夜、総端艇の結果が揮わず反省会を行う一大隊クルー。

今はいない土方や岡上、タナラット等の陸上要員や航空要員の力が大きかったのではないかと推測する。

「別に勝たなくてもいいんじゃないか…?」

一人の学生が放った言葉にクルー達は動揺する。

このポンド合宿は一週間程度で終わるため、総端艇の意義「即応を学ぶ」を知ることができたなら勝ち負けを気にする必要などないと。

思い悩むクルーたちの中、近藤は伊東の事を思い浮かべる。

「でもオレは勝ちたい。」

同じことを学んでいるのに結果を出せずこのまま終わるのは嫌だと近藤は想いを露にする。

近藤の言葉に奮起するクルー、しかし勝つ術が見当たらない状況でもあった。

すると山並が「作戦はある」と口を開く。

大事なのは現在出ている情報の裏をかく事、こちらが握られている情報は何かを知る必要があると語る。

加えて沖田が「お漏らし沖田」と呼ばれているが、実際漏らしていないはいない事も一大隊クルーだけが知る情報だと。

そして山並はノートPC端末を取り出すと、自分で編成してきたであろう総端艇の役割一覧表をクルーの面々に見せるのであった。

翌日、いつものように二学年の総端艇訓練が始まる。

その様子を双眼鏡で観察する教官千葉、一大隊のクルーが普段と違う事に気付く。

艇長に沖田、艇指揮に近藤が選ばれていたのだった。

「お漏らし沖田」が艇長に選ばれた事を笑う四大隊。

一方、三大隊の伊東は静かに一大隊の様子を眺めているのであった。

あおざくら 防衛大学校物語の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年4・5号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『あおざくら 防衛大学校物語』第210話が含まれている、週刊少年サンデー2021年4・5号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

あおざくら 防衛大学校物語【第210話】の考察・感想

伊東の謎が徐々に明かされてきました。

タイプとしては土方の様に何か思惑があって他人を蹴落とすような感じではなく、良くも悪くも天然素質の勝手に周りがついてくるようなタイプのキャラなんですかね?

「お漏らし沖田」の件もありますし、情報戦に長けているとか?

第一大隊にスパイを潜り込ませているなんて可能性もあるかもしれませんね(笑)

そして今回散々な目に遭っている沖田ですが、艇長に選ばれてしまいました。

沖田の艇長というのはちょっと想像つきませんが、艇指揮の近藤がサポートしてくれるのではないでしょうか?

参謀、山並の作戦一体どう出るか?

まとめ

以上、『あおざくら 防衛大学校物語』第210話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『あおざくら 防衛大学校物語』第210話は、週刊少年サンデー6号(1月6日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

あおざくら 防衛大学校物語の18巻の画像

『あおざくら 防衛大学校物語』18巻が10/16に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※

サイトを運営してる人