BE BLUES!【第428話】ネタバレと考察・感想!無情にも過ぎる時間

BE BLUES!【第428話】ネタバレと考察・感想!無情にも過ぎる時間のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年6号(2021年1月6日発売)の『BE BLUES!』第428話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第427話第428話第429話

BE BLUES!【第428話】のあらすじ・ネタバレ

効果抜群のカウンター

武蒼のGK渡辺健太は遠藤高虎の強烈なシュートを正面でキャッチした。

時をおかずにすぐさま前線にカウンターを仕掛けた。

狙いは交代したばかりで体力満タンの飯田徹矢である。

パスが出るや否や既に全力で駆け出している飯田徹矢。

必死で追いかける最条DF。

テクニシャンの桜庭巧美と速攻の飯田徹矢では飛び出すタイミングが異なる。

さらに桜庭巧美に体力を削られた状態では飯田徹矢のスプリントに太刀打ちできるわけがない。

信頼して送り出した武蒼の監督も計画通りと言わんばかりに自信をもって見守る。

全員で戦うの武蒼だ

ボールの落下点に先に入ったのは飯田徹矢である。

そのまま速度を落とさずにドリブルで駆け上がる。

諦めずに追ってくる最条DF、気持ちが切れかかる最条DF、それぞれ限界に近い。

先に飯田徹矢が最条GKと一対一の局面に入る。

頭の中にはシュートしかない。

「こいよ」と挑発する最条GK。

タイミングを見計らって打つ、打つ、打つぞ。

ファーに向けて強いシュートを放つ飯田徹矢。

最条GKが瞬時に反応して手を伸ばす。

手がボールに当たり軌道が変わる。

悔しがる武蒼マネージャー。

喜ぶ最条DF。

すぐに危機に気付く最条GK。

「行け」と叫ぶ武蒼の監督。

ボールがこぼれた先に走りこむのは逆サイドにいた矢沢和成である。

一条龍や桜庭巧美の影に隠れていたが、この男もまた強豪武蒼のレギュラーを取った男なのである。

泥臭く突っ込む矢沢和成が先にボールに触れる。

全身で止めようと飛び込む最条GK。

ボールは最条ゴールに吸い込まれる。

決してサボらず走り続けた矢沢和成が結果を残した。

ガッツポーズで雄叫びをする矢沢和成。

意気消沈して倒れこむ最条DF陣。

キャプテンシーのある矢沢和成

先制して僅か2分で追加点を取った武蒼。

疲労困憊だが高揚感で疲れは見せない。

矢沢和成と飯田徹矢が喜び駆け回る。

矢沢和成は飯田徹矢がファーへ強く打ったことを褒める。

絶対自分も走りこむから「これからもファーに強く打て」と指示する。

そして自分が駆け上がるときは、飯田徹矢もサボらず上がれと指示する。

役目を終えた遠藤獅子雄

残り10分で2点という状況は楽観できるものではない。

すぐさま最条は2人を交代する。

得点を取らなければならないのだ。

何より一条龍が交代したことで、マンマーク要員だった遠藤獅子雄の役目は終わっている。

交代を宣告されてピッチを去る遠藤獅子雄。

自分が交代したために交代させられたことに何かを想う一条龍。

下を向く遠藤獅子雄たちに最条の監督は「もう負けたのか」と叱咤する。

監督の激励に呼応して遠藤獅子雄たちは精一杯応援することにした。

ピッチ内では意気消沈している最条の選手たち。

一人大声で遠藤高虎が「ここからだ」と叫ぶ。

遠藤高虎の声に呼応するように最条の選手が声を出して奮起する。

しかし、武蒼も気を引き締めて油断はしない。

応援で必死に声を出す遠藤獅子雄。

頭の中では、あの時油断しなければといった考えがグルグル巡る。

時間を巻き戻せればと不毛な考えが捨てきれない。

時間は戻らない。

刻一刻と過ぎていく。

試合終了の笛が鳴る。

BE BLUES!の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年6号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『BE BLUES!』第428話が含まれている、週刊少年サンデー2021年6号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

BE BLUES!【第428話】の考察・感想

今回の見所は飯田徹矢の将来性と矢沢和成のキャプテンシーですね。

実力的には一条龍や桜庭巧美に劣るのでしょうが、チームを盛り上げたり後輩への適切な指示出しとかキャプテンシーが高いと思うのです。

一条龍のプロ編でも個人技能の高さを見習う的な学習はありましたが、チーム連携的なところに着目はしていなかった気がします。

もちろん、個人技能は必要なのですが、日本代表を目指すような男なのですからチームのまとめ役としての技量も求められることになると思います。

そしてそれは高校編でこそ得やすい環境なのではないでしょうか。

まとめ

以上、『BE BLUES!』第428話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『BE BLUES!』第429話は、週刊少年サンデー2021年7号にて1月13日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

BE BLUES!~青になれ~の42巻の画像

『BE BLUES!~青になれ~』42巻が1/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※

サイトを運営してる人