『炎炎ノ消防隊』第247話 ネタバレと考察・感想!Dr.ジョヴァンニの正体

『炎炎ノ消防隊』第247話 ネタバレと考察・感想!Dr.ジョヴァンニの正体のアイキャッチ画像
『炎炎ノ消防隊』掲載
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年2・3号(12月9日発売)の『炎炎ノ消防隊』第247話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第246話第247話第248話

『炎炎ノ消防隊』第247話のあらすじ・ネタバレ

消えたシンラはアドラへ?

皆の前から姿を消していたシンラは、ただ太陽のようなものが照りつける、抽象的で不思議な空間にいた。
意識がはっきりとしていないシンラは大災害の現状が気になり、自分が大災害を止めなければと思い続ける。

Dr.ジョヴァンニの目的

天照の内部では、ヴァルカンらとDr.ジョヴァンニが対峙していた。
ジョヴァンニは柱がこちらの世界とアドラを結び、滅びと同調してこの星が大災害によって第二の太陽になるのだということを告げる。
ユウは信じられず呆然とするが、ヴァルカンは今や人の顔のようになってしまった月のことを思えば、何が起こっても不思議ではないと、ジョヴァンニの言葉を無視できずにいた。

ジョヴァンニの話を聞いたヴァルカンがリヒトに連絡を取ると、通信を通して話を聞いていたリヒトも、これまで調べてきたことと照らし合わせれば全くの嘘とも言えないと告げる。
そしてリヒトのいる場所でも激しい戦闘は続いており、厳しい状況だがなんとか向かうので持ちこたえて欲しいと言う。

Dr.ジョヴァンニは天照の建築に関わった一族だった

ヴァルカンらを退けようとするジョヴァンニの攻撃をリサが触手を伸ばして防ぐ。
リサはヴァルカンの先祖が作った天照を破壊兵器にはさせないとジョヴァンニへ叫ぶが、一方のジョヴァンニは、天照は始めから大災害を起こすための装置として造られたものなのだと答える。

ならばなぜ自分の祖先であるジョゼフ家はキーを隠したのかと問うヴァルカンに、ジョヴァンニは自分の祖先もまた、ジョゼフ家と共に弐百伍拾年前に天照の建築に関わっていたのだと告白する。
突然の告白に動揺するヴァルカンにジョヴァンニは話を続ける。

弐百伍拾年前。ジョヴァンニの祖先は後に灰島建設となるメンバーの下でエンジニアとしてジョゼフ家と共に天照の建築に参加していた。
共に天照の動力源を担当していたが、ジョゼフ家はある時、”天照”と記されたコアの中から何者かの気配を感じる。
そしてその中から、助けを求める声を聞いてしまったのだ。
声を聞いたジョゼフ家の者は、天照の真の力に鍵をかけ、封印することを選んだ。
一方でそのことを知っていたジョヴァンニの一族は、ジョゼフ家を監視し、時が来る日まで待ち続けていたのだという。

ヴァルカンの父や祖父を焔ビトにして殺してしまったにもかかわらず、”監視”とのたまうジョヴァンニにヴァルカンは怒号を浴びせる。
しかしジョヴァンニはそれをアドラに歯向かった愚か者を解放してやっただけだと言う。
怒りをあらわにしたリサが触手をジョヴァンニへと向けるが、ジョヴァンニは力を与えた自分に歯向かうリサを愚かと叱責し襲い掛かる。
伸びるジョヴァンニの体に包まれそうになった時、リサはその中に無数の目玉を見て、慌てて触手で退ける。

ジョヴァンニの身体の謎を問うヴァルカンに、リサはジョヴァンニの身体は全て”蟲”でできていると告げる。
奴の身体の中で黒く蠢く黒いものは、全て蟲のかたまりなのだという。

ジョヴァンニへの恐怖で体を震わせるリサの肩にヴァルカンは手を置くと、策があるから二人で乗り越えようと言う。
ヴァルカンの指示で、ユウが袋の中から深海魚の顔のような形をした鉄の道具を取り出す。ヴァルカンはリサに、それへ触手を刺すように指示する。
蟲は磁場の流れを見て行動しているため、磁場を乱すことで統率が崩れるのだという。

リサが指示通りに道具へ触手を刺すと、その一瞬でジョヴァンニの身体が消え去った。
リサの能力によって磁場が乱れ、ジョヴァンニの身体を形作っていた蟲たちが霧散したのだ。
残されたのはジョヴァンニの頭部に脚が生えているだけの小さな虫のようなものだけ。

動揺するジョヴァンニの姿に、ヴァルカンは惨めだと告げるのだった。

『炎炎ノ消防隊』第247話の考察・感想

長らく謎の人物の一人であったDr.ジョヴァンニの正体が明らかになりました。
ヴァルカンの祖先であるジョゼフ家の近くで天照の建設に関わった一族の人間であり、まさにジョゼフ家の宿敵であったわけです。

そして身体の謎は蟲の集合体であり、ヴァルカンの技術力によって攻略されます。
ジョゼフ家の科学によって報いを受けるというのは、これも因果応報といったところでしょうか。
まさかこんなに小さな虫だったとは。

そして一方のシンラの様子も気になります。
恐らく大災害の終結の大きなカギを握るシンラですが、逆に引き金となる可能性も常に感じずにはいられず、不安なところです。

『炎炎ノ消防隊』の最新話を無料で読む方法

クランクイン!コミックの『週刊少年マガジン2021年2・3号』詳細画像

『炎炎ノ消防隊』の最新話を漫画で読んでみたい!

そんなあなたにクランクイン!コミックがおすすめ!

初回の無料登録で、すぐに3000円分のポイントを貰えるので、『炎炎ノ消防隊』第247話が含まれている、週刊少年マガジン2021年2・3号を無料で読むことができます

『炎炎ノ消防隊』掲載

まとめ

以上、『炎炎ノ消防隊』第247話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『炎炎ノ消防隊』248話は、週刊少年マガジンにて12月24日に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

炎炎ノ消防隊の20巻の画像

『炎炎ノ消防隊』20巻が11/17に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※

サイトを運営してる人