葬送のフリーレン【第33話】ネタバレと考察・感想!長命種と短命種

葬送のフリーレン【第33話】ネタバレと考察・感想!長命種と短命種のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年サンデー2021年7号(2021年1月13日発売)の『葬送のフリーレン』第33話!

この記事では第33話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第32話第33話第34話

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

葬送のフリーレン【第33話】のあらすじ・ネタバレ

変わりばえしないフォル爺

勇者ヒンメルが没してから29年が経過した。

フリーレンたちは勇者たちの魂が眠る地、魔王城を目指している。
途中で北側諸国クラー地方の村に寄り道することにした。

その村にはフリーレンの長寿友達であるフォル爺が住んでいるためである。

フォル爺は400年前から村を守っている強いドワーフの戦士なのである。

ドワーフの寿命は300歳程度ということからもかなりの高齢であることが伺える。

ヒンメルと本音で語り合う機会を持てなかったフリーレンは、死ぬ前にフォル爺と話をしておきたいと述べる。

寿命が長すぎて冗談か本気か分からないが、心の成長を見せるフリーレンの行動に賛意を示すフェルン。

油断大敵

ボケ老人のようなフォル爺。

歴戦の老戦士と紹介するフリーレンだが、シュタルクはよぼよぼの爺さんと軽んじて近寄る。
フリーレンが「いつまでボケた振りをするの」というと同時にシュタルクを足払いして倒す。

「戦闘での死因の多くは油断だ」とフォル爺はシュタルクに指南する。

フリーレンが相変わらずの戦い方だと旧交を深めている間、倒れたシュタルクを気遣ったのはフェルンだけだった。

友達の前で見せる表情

とりあえず宿屋に向かった一行。

村に10年滞在するというフリーレン。

すかさず1週間までと訂正するフェルン。

時間間隔のずれが恐ろしい長命種である。

1週間の間、シュタルクはフォル爺に稽古をつけてもらう。

フェルンとザインは村の依頼をこなして路銀を調達する。

その間、フォル爺と語り合うフリーレン。

普段は無表情だが、気を許せる相手の前ではとても表情が豊かなフリーレンだった。

フォル爺が村を守る理由

勇者ヒンメルがこの村を訪れたときもフォル爺はこの村を守っていた。

村を守る理由を尋ねるヒンメル。

「大した理由はない」とはぐらかすフォル爺。

ヒンメルは「どうでも良いことに命をかける人はいない」と真剣な表情で言い放つ。

ヒンメルの真剣さに根負けしたフォル爺は「妻の愛した村を守っているだけだ」と説明する。

ドワーフのフォル爺の妻は人間だった。

同じ時の流れを生きることができない異種族は必ず長い孤独を経験するのである。

それでも愛する妻の顔も声もフォル爺だけの思い出であり、他人に深く語るつもりはない。

そのようなフォル爺を見て、ヒンメルはきっとその女性も嬉しいと思っているとフォル爺を労わった。

感謝したフォル爺は短命のヒンメルのことを自分が記憶して未来に連れて行ってやろうと告げた。

ヒンメルは感謝しつつ、自分のことはフリーレンが記憶してくれると断った。

長い時を経て色褪せる記憶

フォル爺はフリーレンにヒンメルの顔や声を覚えているか問う。

「馬鹿にするな、全部覚えている」とむっとするフリーレン。

フォル爺が大切な人を覚えているように「自分にとって人間を知ろうとしたきっかけの人だ」と伝える。

悲しそうな顔をしたフォル爺は「自分はもう思い出せない」と呟いた。

いつもの冗談だと思ったフリーレンはそのまま会話を続ける。

目的地の魔王城について話したとき、フォル爺は「ついに魔王を倒しに行くのか」と語った。

魔王は既に討伐されている。

フリーレンは優しくフォル爺の記憶も自分が未来に連れていくと伝えた。

永遠の別れ

村を発つフリーレンたち。

去り際にフォル爺は妻の夢を見たと嬉しそうに語った。

時間の流れが遅いフリーレンが次にこの村に訪れるのは何十年後のことだろうか。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年7号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『葬送のフリーレン』第33話が含まれている、週刊少年サンデー2021年7号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

葬送のフリーレン【第33話】の考察・感想

いなくなっても男前度が上がり続ける勇者ヒンメル。

序盤のハゲ爺さんという三枚目キャラとは思えない色男ですね。

今回の見どころは、地味にシュタルクを心配するフェルンです。

心配だけど手を差し伸べるまではいかないもどかしい距離感、青春ですね。

また、フォル爺の前にいるフリーレンを見ると、普段はあのような感じだけど彼女なりに師匠として振舞っていたんだなと感じました。

友達の前では普通の女の子のように表情が豊かで意外でした。

フリーレンはフォル爺を通じて大切な人への思いを感じて、記憶を繋げていくことの大事さを学んでいったのだと思います。

まとめ

以上、『葬送のフリーレン』第33話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『葬送のフリーレン』第34話は、週刊少年サンデー8号(1月20日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

葬送のフリーレンの4巻の画像

『葬送のフリーレン』4巻が12/18に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※

サイトを運営してる人